第16回MMD杯本選『青譚 -intermezzo- 』投稿

第16回MMD杯本選『青譚 -intermezzo- 』を投稿しました。KAITO誕合わせなので、2月14日の投稿です。
http://www.nicovideo.jp/watch/sm28167996
D


http://www.nicofinder.net/comment/sm28167996

制作メモ

お誕生会用の動画ということで、KAITOファンの人に「爽やかなイメージの曲」のおすすめを15本ぐらい選んでもらいました。いろはさんとKAITOの掛け合いが気に入って、この曲に。


ピアプロなどでmp3を配布してないオリジナル曲なので、音源はCraving Explorerで取得。作曲者さんのTwitterアカウントを捜して使用許可をお願いする。
動画が出来上がってから、コンテンツツリーで事後報告でもよかったのですが、今回は杯動画なのでできるだけ権利関係はクリアにしたいと思ったもので。


元動画に使われているイラストのイメージを再現したかったので、イメージの合う改造可のKAITO式モデルを捜して、hana式V3モデルに決定。
服テクスチャ改造し、イヤリングは自作しました。ボーンの入れ方までは分かったけど、物理の入れ方が分からなかったので、物理なしで揺れモーションは手付け。


絹羽鳥を検索して、グアテマラの国鳥のケツァールだと知る。緑と赤の尾羽根の長い鳥。ちゃーりぃ式くるっくーさんを改造して、なんちゃってケツァールを作った。 コレジャナイ感満載だが、ともかく色味は似せたので、いいことにする。長い尾羽をモデリングして外部親でくっつけた。


いろははケツァールの化身なので、大人ではなくロリの方で。ISAO式とマシシ式どちらを使おうか考え、翼に見立てた長い袖が欲しかったので、マシシ式SACHIKOとの合成前提でマシシ式を使うことにした。


今回は冒頭の「石のある道」を歩くシーンを作ってイメージを固めた後は、文字のみのビデオコンテを作って、シーン秒数を決めた。



漢字フォントはKaiTi
英字フォントはTiranti Solid LET
波紋アニメはAviutl使用
別撮りのラテさんの羽根パーティクルが落ちてくる動画を重ねた。


タイトル部分のAviutlのタイムライン


円形波紋の設定


文字の波紋の設定



最初に作ったシーン。
背景はNuKasaさんの「石のある道」
空はazyazyaさん
歩きモーションはsusukiさん
空と背景をなじませるためにColorControllerエフェクト使用
歌詞フォントは、TT-JTCウィンR4。白文字に黒い影付き文字(薄)。



背景はフリスベルグさんの「村」
空はめめさんのアニメ風スカイドーム
予選と本番では微妙に口パクや動きカメラが違います



背景はNuKasaさんの「石のある道」と
フリスベルグさんの「村」を組み合わせたもの。
空はめめさんのアニメ風スカイドーム
モーション自作。がんばったけど、
ロボロボしい不自然さが消えません。



鍵束さんの「フィールド簡易キット」に
額田倫太郎さんのスカイドーム
3本の木を組み合わせてあります。
雨はRainLiteとその改変版の組み合わせ。
雨粒の大きさを二種類にしたら、しっくりした。
走りモーションはsusukiさん。
走りから止まりへのモーションは自作。難しかった。



溜息モーションが難しく、何度もやり直し。
頭の位置は変えずに、胸の位置だけ変えるには、センターボーンを下げて、頭ボーンを上げる。
アップが続くのでカメラを引くことにした



KAITOのアップ動画に、色変えしたスカイドーム光芒HH5の動画をAviutlで重ねた(透明度100%→0%、発光エフェクトあり)。



背景は、色変えしたスカイドーム光芒HH5。
発光はMMDのAutoluminousとPostRimLiting。
長い尾羽根を外部親設定で付けたケツァールを移動させる。
鳥モーションなんてあまりないので苦労した。羽ばたきそのものは、モデルのモーフを使用すればいいのだが、タイミングなとが分からず。Youtubeなどで鳥が飛ぶ動画をいくつも見て参考にした。
尾羽根の動きが気に入らず、手付→物理演算→手付と何度もやり直し、最終的に最後だけ物理演算ありにしたのだと思う。(よく覚えてない)



ケツァールの化身はマシシ式SACHIKOサイズを縮め、服を色変え改造したものに、マシシ式いろはの頭を継いだ。冠は服の一部を借りて作った。
翼はクルックーさん改造ケツァールの羽根部分のみを外部親でくっつけてある。
降りてくるシーンのモーションは結構気に入っている。
変身シーンの白く爆発する光は、PE-Bombを改造したもの。
シーンチェンジは発光。



ケツァールの化身の歌唱モーションは自作。やっぱりロボロボしい。
今回はじめてFaceAndLipsを使用した。なるほど便利だ。
飛んでいるのはKIRAKIRAエフェクト。



ケツァールの絵にAviutlでKAITOの顔を重ねた。合成モードはスクリーン。
KIRAKIRAエフェクトが顔にかからないよう、黒い円図形でマスクを作ったりした。
KAITOのセリフ文字はジンペン糸-R。黒字に白の縁取り文字。

以後、動く水彩エフェクトを使った夢の中のシーンをスクリーンモードで合成。


中央の絵の背景はバトーキン島にazyazyaさんのsky_dome_27。
エフェクトはo_diffusion+SvDOF+動く水彩エフェクト+o_vignette。



中央の絵の背景はフリスベルグさんの「村」。
エフェクトはo_diffusion+SvDOF+動く水彩エフェクト+o_vignette。




中央の絵の背景は「石のある道」にアニメ風スカイドーム、hiro Kさんのシルエット背景。
エフェクトはo_diffusion+SvDOF+動く水彩エフェクト+o_vignette。



背景はNuKasaさんの「石のある道」、空はazyazyaさん。
冒頭のシーンと同じですが、Kaitoモデルはブーツの底を壊した改造をしてあります。
動く水彩エフェクト使用。



セリフの下にAviutlのフレアを表示。合成モードはスクリーン。



シーンチェンジはクロスフェード
宇宙っぽい背景は、ゆづきさんのスカイドーム「y_sd09_AL」にKIRAKIRAを重ねたもの。

俯瞰した大地の背景aviを流し、Trを変更して透過度をあげていく。
テストでカメラをぐるぐる回したら、目が回って気持ち悪くなったので、移動は控えめにした……つもり。




俯瞰した大地は、ussyさんのskydoom18に、透過したNuKasaさんの「石のある道」と鍵束さんの「木々のある細道」を重ねて、カメラを移動させて撮影した動画にワープ風の素材動画を合成したものを背景AVIとして作成した。



頬を伝うのはスフィンゴリン脂質式涙モデル。
歌詞では、涙なのか雫なのかはっきりしないので、どちらなのか分からない感じの頬の位置に涙を置いて動かしました。
雫を拭うモーションが難しかった。あまり上手くいってない。



鳥が飛ぶモーションは難しい……。



確か一番最初に作った鳥モーション。
鳥はあまり移動させずにカメラ移動で上昇していくように見せた。



画面色が気に入らず、Aviutlで色補正した。



空を雲が動いていくような画面は、雲模様の静止画に同じ静止画を拡大透過して乗算で重ねて動かしていいる。パラメータは下記の通り。