エディットPV『流浪の詩 時雨ver.』を投稿

【Project DIVA F2nd】流浪の詩 時雨ver.【EDIT PV】
D
http://www.nicovideo.jp/watch/sm23342949

FのエディットPVのモジュール差し替え版ですが、エフェクト・カメラ等を修正してあります。
Fのときの制作メモ等はこちら→http://d.hatena.ne.jp/alisato/20130911
改めて見直すと、オリジナルKAITOってほんとに青いですね。


差し替え、最初はスミレさんでやろうかとも思ってたのですが、どうしても千年のイメージがついちゃうし、他のふたりと雰囲気が合わせられないので諦めたんですよね。
永久に生きるロボットあるいは妖精のイメージのあるスミレさんだと、思い出の少し幼いKAITOの雰囲気を出すのは難しいとも思ったし。


で、時雨さんがいるのを思い出しまして。和風の民族調の曲なので、むしろオリジナルより似合いそうですし。セットで紅葉さんもいるし。
ミクさんのモジュールをメモリアさんのままで行くか、他のモジュールにするか迷った末に花車たんにしたら、一気にニンジャになりました。
思い出の中のゲストキャラなので、ミクさんじゃなくてリンのソレイユという手もあったのですが、リンレンを引き離すのは気が引けるし、ミクさんをハブるのもなんなので、花車さんで。


差し替えてみたら、表情の雰囲気が違ったので、全員表情には手をいれてあります。
PV全体の構成に変更はありませんが、カメラはいろいろ変更しています。なるべくKAITOが美人に見えるように調整。
あと、口パクが荒かったので、そこも調整。F2ndでは、口の開け方も「あいうえお」だけでなくバリエーションができたので、少し変更。


モーションの速度変更をしたところがカクついていたのも修正しました。
Fで作ったときには知らなかったのですが、モーションの速度を変えるときには、直前モーションを同じモーションを指定して、速度を変更し、開始位置を0%に設定してやれば、直前のモーションの続きから滑らかにつないで速度を変更することができるんですね。


F2ndからは背景の色設定ができるようになったり、フェードが別立てになったりしたので、すこしづつ調整。
冒頭の草原ステージは、約束の場所のステージと色を合わせるために、エフェクトの「フェードアウト(上→下)」を再生速度0%、再生位置7%に設定し、さらにフェードの「フェードアウト 黄」を再生開始位置9.6%、再生時間180秒で指定しています。
回想部分は「自然ステージ」で設定は「古写真」、PVの最後の部分は設定を「あざやか」にしてエフェクトの「フェードアウト(白)」を速度0%、再生開始位置22.3%で薄くかけたり。


前回、草原ステージを使ったシーンは、青空を強調するため単色青背景に雲のエフェクトをかけたものを使おうと思っていたのですが、雲エフェクトはキャラにもかかってしまうことが分かったので断念。
代わりにエフェクトの「フェードアウト(青)」でうっすらと青色をかけました。


フェードを使って、シーン全体に薄く色をかけるやり方は二つ。
ひとつは、エフェクトのフェードアウトで速度0%、開始位置10~20%あたりを選択する。
もうひとつは、フェードのフェードアウトで指定する方法で、適当な再生開始位置を指定して、再生時間を180秒に設定。


ただ、文字通りのフェードアウト/フェードインの効果の仕様はまだよく理解してなくて、タイミング調整がうまくいかないこともあったので、もうちょっと研究しないと。


エフェクトの開始位置指定ができるようになったのがとても嬉しいです。エフェクトの途中だけを切り取って表現できるようになりました。
フレア表現が増えたので、いくつか使用しています。最後のほうで使ったのが「ライトフレア」。


モジュールも含めてFのときより脳内イメージに近づいて、今の時点の自分としては、満足のいく出来になったと思います。


需要はないでしょうけど、一応データ公開中。DIVA F2ndネットワークでオンラインid:alisato で検索。
編集パス:06702128